トップページ > はじめての方へ > 反応率アップの秘訣

はじめての方へ

反応率アップの秘訣

電話営業の反応率をアップさせる5つの秘訣!
5つの秘訣 詳細
1.ターゲティングを行う お客様の商材は今までどのような方が購入もしくは契約されたでしょうか?「業種」「地域」「企業規模」で感覚的にターゲットを選定するのもよし、新規ビジネスでしたら仮説を元にターゲティングをして、PDCAを繰り返しながらコール先の精度UPをお勧めいたします。ターゲットの選定次第で反応率は大きく左右されます。
2.営業の切り口を考える 法人営業であれば、「FAX配信してからフォローコールする」「DMを発送してからフォローコールする」「セミナーを切り口に営業する」「代理店を切り口に営業する」個人向け営業であれば、「お得なキャンペーン」「当選発表」などといったように営業の切り口を工夫することでコール先に「売り込まれる=営業はお断り」という印象になるのを避けてキーマンにリーチしやすい戦略を考えます。
3.魅力的なスクリプト(台本)を作成する スクリプトは「フロントトーク」「用件を聞かれた場合の回答」に工夫が必要です。「担当者に繋がないと」と受付に思わせたり、「メリットがありそうだな」と担当者に感じさせるトーク台本=スクリプトの準備が必要です。
弊社サービスではこのような魅力的なトークスクリプトを様々な条件を指定するとスクリプトを自動的に生成できるツールをご用意いたしました。編集もできますので、簡単にオリジナル性のある魅力的スクリプトを作成頂けます。
4.リストデータの準備を行う 1.のターゲティングにマッチしたリストデータを準備します。業種・地域でセグメントできるターゲットの場合はリストデータレンタル(無料)を使います。さらに企業規模(売上・資本金・従業員数・設立年・本支店・上場区分)での絞込みはリストデータ購入をご検討ください。
リストデータ購入はオプションで代表者名を付けられますので、中小企業向け商材且つ、決裁者に直接営業を行いたい場合には特におすすめいたします。
すでに所有しているリストや名刺交換されたリストや個人宅に対してのコール発信はリストデータ持ち込みを行ってください。
5.タイミングを考え電話営業 スクリプトとリストがそろったら、あとはタイミングを考えて電話営業を行います。タイミングは送り先の業種によって左右されます。たとえば、不動産会社は水曜が休みの場合が多いため水曜日の発信は避けます。個人の主婦向け商材のコールであれば家事が落ち着く平日の午後の発信に限定して発信するなどの対策を行います。
また、通常の法人の場合は土日祝日・深夜の発信は避け、個人であれば逆に土日祝日のコールのほうが良い場合がございます。
上記のように電話営業の戦略次第ですが、平均的に5~15%の反応率を獲得できます!20%の商談を獲得した成功事例をご紹介。