トップページ > テレマーケティング用語集 > ハインリッヒの法則(1:29:300の法則)

FAXDM用語集

ハインリッヒの法則(1:29:300の法則)

[はいんりっひのほうそく]

米国のハインリッヒ氏が労働災害の発生確率の分析したもの。1件の重大災害の裏には、29件のかすり傷程度の軽災害があり、その裏にはケガはないがひやっとした300件の体験があるというもの。ビジネスにおける失敗例:1件の大失敗の裏には、29件の顧客から寄せられたクレーム、苦情などの失敗があり、さらにその裏には、300件の社員が「しまった」と思っても見逃している認識された潜在的失敗が必ず存在する。

戻る