トップページ > テレマーケティング用語集 > マーケティングの4C

FAXDM用語集

マーケティングの4C

[まーけてぃんぐのよんしー]

顧客側の視点として、1993年にロバート・ローターボーンによって提唱された。これは、4Pが売り手側の視点で捉えられているのに対して、書いて側(顧客)の視点でとらえ直そうという意図があった。4つのCとは、Consumer(消費者のニーズやウォンツ)、もしくはCustomer solutionまたはCustomer Value(顧客ソリューションまたは顧客価値)、Customer cost(顧客コスト)、Convenience(利便性)、Communication(コミュニケーション)である。4Pと4Cはそれぞれ以下のように対応している[2]。
Product(製品)⇔Consumer(消費者のニーズやウォンツ)あるいはCustomer solution(顧客ソリューション)
Price(価格)⇔ Customer cost(顧客コスト)
Place (流通)⇔ Convenience(利便性)
Promotion(プロモーション) ⇔ Communication(コミュニケーション)

戻る